日本入国ビザ取得支援書例

Inbound Exchangeで受入する場合、日本入国するのに、ビザを取得する必要がある国があります。
外務省の「ビザ・日本滞在」ホームページにアクセスすると次のように記載されています。


*本邦入国査証手続(中国、ロシア、NIS諸国籍者以外の方)

*中国国籍の方が入国査証を申請する手続の概要

*ロシア、NIS諸国国籍の方が入国査証を申請する手続の概要

日本入国ビザ取得の支援書類

【渡航目的】  知人(友人)訪問・観光 とする。

【日本側で準備するもの】
・招へい理由書 (必ず作成して下さい)
・滞在予定表……受入交流プログラム・日程表が、これに当たります。


そして今回(2006年)紹介するのは、3月下旬~4月にかけて、FF大阪とFF熊本が受入れた、FF Belem Club(ブラジル)から12名の場合の例です。

大阪のED・森本さんと熊本のED早田さんからの情報をお知らせします。

今後、要ビザ国とのExchangeの際に参考になると思います。


【FF大阪とFF熊本で用意したもの】

1)Invitation letter(招へい理由書に該当する)

2)滞在中の予定表

3)住民票 (EDのもの。会長のではありませんでした)

4)Matching list (ambassadors & hosting family)

5)Invitation letter のポルトガル語訳(これは単なる参考書類)

Invitation letterの例

 2006年1月30日

ブラジル日本大使館(領事館)御中

The Friendship Force of Osaka
会  長   大下すみ子
交流委員長  森本 吉彦
The Friendship Force of Kumamoto
会  長   與縄 英二
交流委員長  早田 京子

The Friendship Force of Belemから11名の民間大使が下記日程で日本を訪問されます。
上記日本の2クラブのホスト・ファミリー(別紙マッチング・リストの通り)は「フレンドシップ・フォース」の友愛の精神に基き、ブラジルBelemの民間大使を暖かくお迎えする準備を整えています。

このホーム・ステイを通しての交流が、2国間の国際交流と友好関係を更に深める事を祈っています。つきましては11名の訪日のヴィザ発給のご配慮をよろしくお願い致します。

なお、「フレンドシップ・フォース」に対するご理解を頂きたく、パンフレットを同封致しましたので、ご覧頂きたく存じます。

日程と滞在地
2006年3月26日 - 4月2日  大阪クラブ会員宅(関西地区)
2006年4月 2日 - 4月9日  熊本クラブ会員宅(熊本県)

別紙
1 : マッチング・リスト
2 : フレンドシップ・フォース 紹介パンフレット.

以上

追加1名の例

2006年2月10日

ブラジル日本大使館(領事館)御中

                    The Friendship Force of Osaka
会  長   大下すみ子 印
交流委員長  森本 吉彦 印
The Friendship Force of Kumamoto
会  長   與縄 英二 印
交流委員長  早田 京子 印

ヴィザ発給について (依頼)

 早速ですが、1月30日付でお願いしましたThe Friendship Force of Belemより下記日程での日本訪問について、民間大使として1名追加の希望があります。
上記日本の2クラブはホスト・ファミリーを選任し、「フレンドシップ・フォース」の友愛の精神に基づき、ブラジルBelemの民間大使を暖かくお迎えする準備を整えています。
つきましてはこの追加の件につきましても訪日ヴィザ発給にご配慮いただきますようお願い申し上げます。

〇 日程と滞在地・滞在先

第1週目 2006年3月26日~ 4月02日  大阪クラブ会員宅(関西地区)
滞在先: 氏名 宮城正義 MIYAGI MASAYOSHI (male, 00)
住所 〒000-0000 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○
Tel/Fax: 81-000-00-0000 e-mail: xxxxxx@xxxxxx.xxx

第2週目 2006年4月02日~ 4月09日  ○○クラブ会員宅(○○県内)
滞在先: 氏名 永汐之泰 NAGASHIO YUKIYASU(male、00)
住所 〒000-0000 ○○○○○○○○○○○○○○○○   Tel 81/00 000 0000

〇 民間大使

Name: XXXXXX XXXXX XXXXXX Sex: Female
Address: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Phone: (00)0000-0000、(00)0000-0000 E-mail: xxxxxxxxx@xxxx.xxx
Date of Birth: dd/mm/yy Birth place: XXXXXXXXX
Passport Number: XXXXXXXXXX Expiration Date: dd-mm-yyyy
Person at home to contact in case of emergency:
XXXXXXX (00) 0000-0000 or xxxxx (00) 0000-0000 or ZZZZZZ (00) 0000-0000
Address: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
Telephone:. Home (00) 0000-0000

【特に注意すること】

厄介だったのは「郵便事情の悪さ」でした。発信後、2週間経っても重要書類が先方に届かない。住民票は最終的にファックスして間に合わせました。
郵便事情を考慮して、相当期間前から先方EDとのやりとりを促進することは、やはり大事なポイントであろうと思われます。