交流のあらまし

渡航

 民間大使(アンバサダー)として外国へ赴き、自国の正しい紹介と相手国の理解に努めるのがアンバサダーの役割です。一回のホームステイは1週間または2週間滞在で、自由旅行を追加することができます。また、1~4泊のプランもあります。滞在は各家庭ごとにアンバサダーの希望を重視したスケジュールが組まれます。安心な上にオリジナリティーあふれる新しい経験が約束されています。

 最近では通常のクラブ間交流以外にテーマ交流や世界各国から渡航者を集めるGlobal交流などがあります。

受入

 外国からのアンバサダーをクラブ単位で家庭にお迎えし、私達のありのままの姿を紹介するのがホストとしての役割です。特別な準備は必要ありません。家族同様にさりげなく受入れるのが何よりのおもてなしです。受入は原則1週間、布団と食事を提供してください。観光以外に、茶道、書道などの伝統文化や、ショッピング、料理、学校見学など、できるだけ普段の生活に触れる機会を作ってあげてください。おいでになったアンバサダーの目的は「しばし日本人」の気分を味わい、日本人を理解することですから—。

国内交流

 同じ国のクラブ同志で交流を行い、ホームステイを通してお互いの地域の文化や歴史について相互理解を深めます。併せてフレンドシップフォース活動の成功事例や失敗談を話し合うことにより今後の交流の参考にすることが出来ます。